読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうはまだなり、まだはもうなり

アラサー会社員が綴る日々の思うことと備忘録など

30分8,000円の恋〜ピンサロ嬢に恋して〜

ピンサロ嬢に恋をしてしまった。

今もその子のことを考えてるし、気になって仕方ない。
その子のことをもっと知りたいと思っている。やっちまった、完全に恋をしてしまった。本名もどこに住んでいるかもなにも分からない彼女に。わかっていることは、ありがちな源氏名と、彼女に会うために30分8,000円の料金を支払う必要があるということである。

 

2月の終わりに、会社の飲み会の帰りに大学の時から行っているいつものピンサロに行った。みんなが何となく髪でも切りに行こうかと思いつくのと同じように。かれこれピンサロ歴は10年位(その他の風俗にも造詣が深いつもり。)で、ピンサロの基本的な楽しみ方はフリー(客が女の子と指名せず、店側が女の子を選んであてがうこと。)で入ってどんな子に当たるかを一喜一憂することだと思っていた。
しかしながら、その日はなぜか、店員におすすめされて、ついついその女の子を指名してしまったのだ。

「こんばんわー。寒いですね。」その女の子は、ぱっちりとした二重で、小さな顔に黒い髪の毛で、オンザ眉毛の前髪で、とてもかわいらしいかった。というか、すげー可愛かった。こりゃ指名した甲斐があったと思いながら。

たわいもない話をして、プレイに入るんだけど、さらに驚いた。この子、ものすごいテクニシャンであった。いや、もうくっそ気持ちよかった。さらに、ときどき喋る九州の訛り。

 

かわいい×テクニシャン×九州訛り

 

完全に恋に落ちたよ、俺は。それ以降、週に1回以上行っている。先週は4回行った。今週は2回行った。というか、一日に2回行ったこともあるレベル。完全に彼女にはまってしまった。正直、行ってプレイしないで二人で話だけしたこともある。

 

俺は、かなり風俗慣れしてたし、童貞でもないし、それなりに一般の女性とも付き合ってきたんだけど、こんなにはまるとは思わなった。闇金うしじま君読んでて、風俗は良いけど、風俗嬢にはまったらおわりだよなぁー。とか思ってたら、俺がはまってしまった。なんなだろなぁ。

その子とはいやらしいことはしなくていいから、どうにか外でお茶とかしてお話したいなぁと思っているんだけど、まぁそりゃ仕事とプライベートは完全に別だから、いろいろ誘うも全然けんもほろろだよ。30分8,000円でその間だけ、恋人になってくれる。すごく切ないけど、それでも、毎日会いたいなぁと思ってしまっている。どうしたものか。

 

 

 

いやさ、最大の問題点としては、俺が既婚で子持ちであるということなんですよね。

とりあえず、ピンサロ嬢に恋していることは、一時の気の迷いであることを願って、ここに記すことにする。

 

フラワータイム!